​日本柔道整復師会とは?

国民医療の一端として柔道整復術は、国民大衆に広く受け入れられ、民族医学として伝承してきたところであるが、限りない未来へ連綿として更に継承発展すべく、倫理綱領を定めるものとする。
ここに柔道整復師は、その名誉を重んじ、倫理綱領の崇高な理念と、目的達成に全力を傾注することを誓うものである。
 

  1. 柔道整復師の職務に誇りと責任をもち、仁慈の心を以て人類への奉仕に生涯を貫く。
     

  2. 日本古来の柔道精神を涵養し、国民の規範となるべく人格の陶冶に努める。
     

  3. 相互に尊敬と協力に努め、分をわきまえ法を守り、業務を遂行する。
     

  4. 学問を尊重し技術の向上に努めると共に、患者に対して常に真摯な態度と誠意を以て接する。
     

  5. 業務上知りえた秘密を厳守すると共に、人種、信条、性別、社会的地位などにかかわらず患者の回復に全力を尽くす。

​柔道整復師とは?

柔道整復師は「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷等に対して、応急的または医療補助の目的をもって、その回復を図る施術を業として行う者」と法的に認められた部分医療を業とする医療従事者です。

業務は、「身体に加わる外力、または、自力による急性または急性に近い原因の皮下損傷に対する徒手による施術」、具体的には、骨・筋・関節などにいろいろな力が加わって発症する骨折・脱臼・打撲・捻挫(疾病性のものを除きます)・挫傷などに対する施術で、外傷性や疲労性、更には歪んだ姿勢性によって生じる損傷や障害に対し、整復調整の手技療法を施すものです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now